<7日間>特別支援学校プログラム

英語 × ボランティア体験!

特別支援学校で子どもとつながる7日間


特別支援学校でのボランティア体験プログラムです。

先生とは英語でのコミュニケーションを取り、生きた英語を学ぶことができます。

また、「言葉」を超えた子どもたちとの交流から多くのことを感じることができるでしょう。

特別支援学校の卒業生が働くカフェも訪問し、より学びを深めます。

セブの自然を楽しむアクティビティやJICAが関わる施設やプロジェクト地なども訪問し、

幅広い視点からフィリピンについて学ぶことができます。

 

<プログラムのポイント>

・活動しながら英語を使い・ブラッシュアップできる!

・英語の学習をしながら、社会貢献!

・子どもたちとの交流活動!

・ボランティア体験をしながら、セブのきれいな空や海などの大自然を満喫!

 

 

<モデルスケジュール>

 

DAY1 特別支援学校へ

          オリエンテーション&学校見学

          先生や子どもたちと対面!

 

DAY2〜5 ボランティア活動スタート!

                ・特別支援学校の卒業生が働くカフェを訪問(2日目)

                ・日本とフィリピンの手話を教えあう

                ・日本文化を紹介する

                ・先生の仕事のサポート

                ・子どもたちの生活のサポート

                ・日本からの学用品寄付

    

DAY6 スタディツアー

           JICAプロジェクト施設を見学

 

DAY7 セブの大自然満喫ツアー

 

 

<フィリピンの特別支援学校>

障害をもつ子どもたちが特別支援学校に通う機会はまだ限られているのが現状です。

訪問する学校は、島で唯一の公立の特別支援学校。

専門の知識と技術をもった先生とソーシャルワーカーの方が子どもたちのケアにあたっています。

現場の最前線で働く先生、好奇心旺盛な子どもたちと心通う7日間を過ごしましょう!