マザーテレサ孤児院訪問プログラム

マザーテレサの孤児院へ!子どもたちとふれあうボランティア体験!


 

世界的に有名なマザーテレサの孤児院でのボランティア体験。

様々な事情で預けられた子どもたちとふれあったり、シスターたちの仕事を手伝ったりしながら、

セブの子どもたちを取り巻く課題や、さらに社会的な問題について学ぶことができます。

※英語だけでなく、教育・支援・貧困・国際協力の分野などに興味をもつ方へおすすめのプログラムです。 

<プログラムのポイント>

・活動しながら英語を使い、ブラッシュアップ!

・世界的に有名な孤児院施設でのボランティア

・セブの子どもたちを取り巻く課題について学ぶことができます。

<モデルスケジュール>

10:00  集合

      シスターから施設や子どもたちを取り巻く状況などのオリエンテーション

10:30  ボランティア体験スタート

      子どもたちと遊んだり、シスターのお手伝いをします。

  ランチ   シスターたちと交流しながらランチ

             引きつづきボランティア体験 英語を使いながらどんどんコミュニケーションをとろう!

15:00  子どもたちやシスターたちとお別れ。

           現地解散

 

<マザーテレサ孤児院について>

 

マザーテレサが設立した「Missionary of Charity」によって、

親のいない子どもたちへの愛のこもったケアをするために世界各地に建てられています。

セブでは、主に乳幼児の子どもたち を中心にケアをしており、子どもたちが安心して過ごせる施設となっています。 

 

子どもたちは両親がいない、もしくは家庭の事情で両親と暮らすことができません。子どもたちとふれあったり、シスターたちのお仕事の手伝いをしたりしてボランティア体験をすることができます。また、シスターから、施設についてやセブの子どもたちを取り巻く現状についてのオリエンテーションを受けることができ、 セブについてより深く学ぶことができます。