女性自立支援プログラム

フェアトレードにふれる、学ぶ!


天然素材ラフィアを使用したフェアトレードのバッグを生産し女性の自立サポートを行う工房を訪問。

体験を通じてものづくりの魅力にふれ、フェアトレードや自立支援について学ぶプログラムです。

 

<プログラムのポイント>

 ●フェアトレードを学ぶ

  「フェアトレードとは何か」を学び、商品が生産されている現場をみることで身近に感じてもらいながら、

     訪問団体が原点としている「買い物の先に小さな社会貢献」についても学びます。

 

 ●支援とは何かを考える

  バッグの生産を通して女性の自立をサポートするスルシィの活動を知ることで、支援とは何かを考え、

  さらに自分たちにできることは何かも考えを深めていきます。

 

 ●天然素材を使用したものづくりにふれる

     バッグ作りの体験を通し、天然素材を使用した手作りの製品のあたたかみにふれるとともに、

      女性たちの技術力の高さを知ることができます。

 

 ●現地の女性たちとの交流

      工房で働く女性たちは、子どもたちにより良い教育を受けさせられるように、また将来に向けて貯蓄するなど

    それぞれが目標を持ち働いています。女性たちとの交流は、英語を使ったコミュニケーションだけでなく

    自分自身の将来を考えるきっかけになるかもしれません。

 

工房では10代後半から60代まで約50人の女性たちが

バッグを作っています。 

 

みなさんそれぞれ目標をもち日々仕事をしています!

ここで働く女性たちとお話をして交流を深めよう!

 


 

カルカルはセブ市内から南に約40kmの場所にあります。
 スペイン統治時代の建物が多く残っている街で、ハンドメイドの靴やカゴ も有名です。

 

フィリピンではめずらしいビザンティン建築様式の教会や巨大な靴のオブジェも!

街を歩いてフィリピンの歴史にもふれられます!